SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

スタッフブログ

<< ことの顛末 其の参 | main | ことの顛末 其の伍 >>
ことの顛末 其の肆
0
    9月9日の夕方

    外回りから帰ってくると


    デスクの上に旅券が置いてあった

    周りを見てもC葉の姿は見えず

    東京行きの旅券を皆に配り終え

    帰宅したのだろうと思っていた矢先


    C葉バタバタと登場

    そして開口一番

    「取れたから安心して」

    F向へ笑顔で言い放った


    『其の参』につまびらかにはしたが

    事件は実際には私の不在時に起こっており

    この後で漸く全体像を把握した次第


    己の不手際で

    一人分足りていなかった旅券を確保すべく

    赴いたびゅうプラザC葉は状況を説明

    窓口のオネーさんも事情を分かってくれたようで

    一週間以上のブランクがあったにも関わらず

    我々の乗る新幹線と同じ号車

    通路を挟んだ同じ列の席を確保


    びゅうプラザのオネーさんありがとう!

    グッジョブ!



    ただ

    我々の宿泊先である浜松町のホテルは

    既に部屋がすべて埋まっており

    F向は一人で別なホテルに宿泊することになった




    東銀座にあるかなり良いホテルではあるが

    ダブルベッドはまだしも円形のバスタブ


    C葉が貰ってきたパンフレットを見て一同笑う

    ホントにそこしか空いていなかったの?

    びゅうオネーさんのウケ狙いじゃね?

    などと妙に勘繰ってしまう物件であった


    ひとまず漸く

    みんな揃って東京行きが確定と

    胸をなでおろしたのもつかの間

    東京行き前日の9月10日

    『前乗り班』の一人

    H間の身内にご不幸が…


    近親者の急逝により旅行に出ることは出来ない

    申し訳ないが今回の東京行きは辞退するという

    本人も楽しみにしていただけに非常に残念

    ご愁傷様です



    ということは…

    浜松町のホテル宿泊舎が一人減ったので

    F向がそちらに充填されることになった


    故に

    C葉がわざわざ新たに手配した一人分の旅券と

    東銀座のホテルは一日でキャンセルとなる



    ――いやはや

    ほんの数日の間に

    実にいろんなことが起きるものだ

    そしてこの時点で

    まだ東京へ旅立つ前のハナシ


    『其の肆』まで読んでいただいて申し訳ないが

    話はまだまだ終わらない


    其の伍へ to be continued…


    by RON

     
    | - | 14:48 | comments(0) | - | - |