SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

スタッフブログ

<< 夏は物販 | main | 心が自由なら >>
台風が温帯低気圧
0

    ひとつ前のブログにも書いたが

     

    8月は土日が殆ど出張物販となった

     

    先々週の土曜日は高松クラフト市

     

    3か月前開催の第1回目の成功を受け

     

    直後告知された第2回目開催は8月25日

     

     

    列島縦断台風20号の影響が懸念されたが

     

    皆様既にご存知のとおり24日未明には

     

    秋田沖にて温帯低気圧にシフトダウン

     

    ひとまず台風の脅威は過ぎ去った

     

     

    翌日のクラフト市開催当日

     

    明け方から2度の地震と続く大雨

     

    幸いにもザッと降って程無くあがり

     

    空が明るくなったのでホッと胸をなでおろす

     

    曇りのち雨 午後からは晴れるとの天気予報

     

    まぁ何とかなるでしょ

     

    そんな気持ちで搬入のため車で会場へ

     

     

    降雨のせいで湿度がものすごく高く

     

    車から機材を降ろすだけで汗だっくだく

     

    テント設営や商品の陳列まで手伝った後

     

    スタッフ2人に現場を任せて会社へ戻る

     

     

    会社の方ではみでってを開催中

     

    また雨が降り始めたが一定時間で止む

     

    みでっても雨のためお客様は少なめ

     

     

    私自身は来年のカレンダーの打ち合わせで

     

    雫石在住の水彩画作家さんのアトリエを訪問

     

    向かう道中でもかなりの量の雨が降る

     

    アトリエで打合せ中に雨はあがったものの

     

    またいつ何時降るかわからない状態

     

     

    結果的に打合せが終わったころには

     

    断続的な雨はやんではいたのだが

     

    突発的に強い風が吹き始めるという

     

    雨風が別々なセパレート台風の様相

     

    会社へ戻り昼食をすませてクラフト市へ

     

     

    現場では

     

    断続的な大雨により商品が濡れ

     

    強風でテントが飛ばされかけたが

     

    雨ニモマケズ 風ニモマケズ

     

    スタッフ2人が力を合わせ大奮闘

     

    2人曰く『ケツまで濡れた』

     

     

    午後には雨はやみ 突風にさえ気を付ければ

     

    まずは過ごせると物販を続行

     

    しかしビョオォと風が吹くたびに

     

    そこかしこから悲鳴にも似た声

     

     

    実際

     

    ある店舗のテントが風に吹き上げられ

     

    空中で半回転 逆さまになって

     

    お隣り店舗にライドオンというケース有

     

    受けとめた方のテントは支柱が曲がってしまい

     

    営業停止せざるを得なくなってしまったらしい

     

    その後どう決着したかは判らない

     

    面白半分に追いかけるのも申し訳ない話

     

     

    風に耐えながら最期まで営業し

     

    夕方には終了 合わせて撤収

     

    やはり午前中の断続的な雨が祟り

     

    前回に比べてお客様が少なかったとのこと

     

    勿論今回のクラフト市全体でのことである

     

     

    野外での物販ってぇのは

     

    事ほど左様に天候に左右される

     

    当たり前のことではあるが

     

    改めて思い知ったという次第

     

    前回ブログの文末に記した通り

     

    大荒れとなった顛末

     

    予言とか言霊とか

     

    そういう責任は取りません

     

    というか取れません

     

     

    by RON

    | - | 19:42 | comments(0) | - | - |